ラッセルスキークラブの公式サイトです(東京都スキー連盟 加盟団体№6)。

当クラブについて

ラッセルスキークラブは1937年に設立され、東京都スキー連盟で6番目に加盟した伝統あるスキークラブです。2017年に創立80周年を迎えました。各種講習会や研修会、検定・大会参加等を通じて、スキーの発展と会員相互の親睦を深めています。
部報

クラブ概要

  • 加盟団体名 ラッセルスキークラブ
  • 加盟団体№6 (東京都スキー連盟(SAT)加盟)
  • 設立 1937年(昭和12年)
  • 加盟申請 1939年(昭和14年)
  • 加盟承認 1941年(昭和16年)
  • クラブ目的  スキーの発展と会員相互の親睦を目的とする。
  • 会長 本橋 順二
  • 入会金 ¥5,000
  • 年会費 ¥5,000

活動内容

 
  • クラブ主催の講習会(バッジテスト開催)
  • クラブ主催の研修会
  • SAJ・SAT教育本部各種検定参加(バッジテスト、プライズテスト、準指導員・指導員検定等)
  • SAT教育本部各種大会参加(東京都技術選、マスターズサーキット等)
  • オフシーズン行事(総会、バーベキュー 他)
  • 参考:SAJ・SAT競技本部公認大会(アルペン・マスターズ)参加者もいます(東京都選手権、国体都大会、南関東ブロックマスターズ、全日本マスターズ、他公認大会等)
   WSC 

会員構成


(平成30年7月21日現在)
 会員数 47名(男性35名/女性12名)
  • 指導員・準指導員 合計30名(指導員21名、準指導員9名)
  • A級検定員 1名
  • B級検定員 14名
  • C級検定員 8名
  • 公認パトロール 0名
  • クラウン・プライズ 6名
  • テクニカル・プライズ 6名(うち女性2名)
  • SAJブロック技術員 1名
  • SAT教育本部専門員 1名
  • FIS競技者登録(マスターズ)1名 
  • SAJ競技者登録(アルペン) 1
  • SAJ競技者登録(マスターズ)1
  • SAT競技者登録(アルペン) 1名

※元全日本技術選出場選手も在籍。

クラブ名の由来


「スキー界のフロンティアとなり、雪を踏み、道を拓いていく。」という「スキーの普及、発展」の発足目的に由来しています。
ラッセルスキークラブ

設立の経緯


1932年レークプラシッド冬季オリンピック(アメリカ)日本代表クロスカントリー選手の岩崎三郎らが中心となり、1937年(昭和12年)「スキーの普及、発展」を目的として千代田区淡路町の日本屋運動具店内に設立しました。

1939年(昭和14年)東京府スキー連盟(現・東京都スキー連盟)に設立を登録、1941年(昭和16年)に東京府スキー連盟に正式加盟しました。

初代会長には増沢弘文が就任しました。二代目会長に就任した岩崎三郎氏は、就任以後、全日本スキー連盟副会長、東京都 スキー連盟会長を歴任しました。

↑ PAGE TOP